妊婦健診予約

院長夜話

%e9%99%a2%e9%95%b7%e5%a4%9c%e8%a9%b1%e8%a1%a8%e7%b4%99-1-6

 
  • その1 – 無痛分娩は一筋縄ではいかないヨ。

    その1 – 無痛分娩は一筋縄ではいかないヨ。

    鈴虫の声が日に日に艶を増してゆくと、去りゆく夏の喧騒はずいぶん昔のように感じられます。静かな夜、机に向かい、無痛分娩のアンケート用紙をながめていると様々な思いが頭をよぎります。もうかれこれ無痛分娩と本格的にかかわり始めて […]

     
  • その2 – 麻酔科医は人知れず、の英雄だ。

    その2 – 麻酔科医は人知れず、の英雄だ。

     昔を思い出しては人に語ることを老いの心境に入るとも言います。眠れない冬の夜に、ふとしたことがきっかけで昔の仕事が鮮やかによみがえりはじめると、枕は一層柔らかくなってはくれません。隣で寝る妻のいびきは恨めしく思うほど健や […]

     
  • その3 – がんばれ!助産師さん。

    その3 – がんばれ!助産師さん。

    夜のとばりも更け、満天の星空に世界が包まれるころ、彼女たちの活躍は始まっています。痛みに苦しむ妊婦さんは、もう幾度彼女たちに励まされ、助けられたでしょう。彼女たち――助産師たちも懸命に妊婦さんを支えています。助産師こそ、 […]

     
  • その4 – 若者よ、開業をしよう。

    その4 – 若者よ、開業をしよう。

    暑さと寒さが繰り返す日々は季節の移ろいを身近に教えてくれます。この千葉県船橋市、芝山の地でささやかな産婦人科を開業して、はや十余年が過ぎました。十年一昔、の言葉通りならそれはもう昔話にすぎないということになります。セピア […]

     
  • その5 – 安産日記24時

    その5 – 安産日記24時

    お産にかかわるものであればだれでもが願うもの、安産。どうすれば安産の切符を手にすることができるのか、難産になりかけたものをどのように正しいこの世の安産に向き直してもらえるか、夜と昼になく、皆が悩む課題です。私は産婦人科医 […]

     
  • その6 – 夢のような話

    その6 – 夢のような話

    夢のような話。何と素晴しく、楽しそうな出来事でしょう。大人も子供も夢にはあこがれの意味を込めます。子供のころ夢はなあに、と聞かれ、パイロットになるんだ、シンデレラになりたい、と答えたこともあるでしょう。夜のあいだ人は寝て […]