妊婦健診予約

麻酔科標榜

01

当院は麻酔科標榜が許可されています 麻酔科医療を産婦人科診療に最大限活用します

当院は麻酔科標榜が許可されています。麻酔科医療を産婦人科診療に最大限活用します。
麻酔科は特殊標榜科目といって外科、内科、産婦人科などと違いそれを名乗る(標榜する)のに一定の資格が必要とされます。医師となった後通常麻酔指導医のもと2年以上の麻酔専任の研修を行い、はじめて麻酔標榜医の資格を厚生労働省から得ることができます。残念ながら麻酔科医師の仕事は一般的にあまり知られていません。痛みを取る技師の一種?とよくある誤解を受けます。麻酔科の仕事は総合病院に多くが集中し、しかも活躍の場が手術室、ICU、救命救急センターにほぼ限られてしまうため一般の方にはきわめて存在が薄いのが現状です。麻酔科医師の仕事とはなにか・・・

  • 手術中の危機管理責任者。
  • 手術時の痛み、不安をとり、快適なままに手術を終わらせる。
  • 主治医と協力し手術後の痛み、不快感を可能な限り抑える。
  • ICU、救命救急センターでの指導者、責任者となる場合が多い。
  • ペインクリニック(痛みの外来)を行う。ときに無痛分娩も扱う。

などです。
手術中には患者さんの生命を脅かすさまざまな危機が忍び寄ります。麻酔科医師はそれらを未然に防ぎ、外科系医師に安全な手術を行わせ、安定した状態にして病室に送り返すことに全力を注ぎます。大きな手術には必ずといっていいほど麻酔科医師が手術中管理者として立ち会います。また上で述べたように手術に伴う痛み、不安感、不快感を抑え、それを手術中から手術後、退院後に至るまで面倒を見る事も欠かせない仕事の一部です。麻酔科医師は表舞台にはあまり出てこない、一種の裏方的仕事を担っていますが、外科系医師にとって絶対のパートナーとして認められています。麻酔科業務の存在は手術を行う上で外科的処置とともに医療の質を司る最大限の要因であると言い切っても良いでしょう。
あわかりになりましたか。産婦人科診療にはどんな急変時にも確実かつ質の高い対応が求められます。麻酔科診療が産婦人科診療に常に併設されていることは安全、快適といった二重、三重の意味で大変有意義なことだというのは論を待ちません。